2018/05/12

厳冬の雲竜渓谷(1)

時期がとっくに過ぎてしまい今さらと思いますが、私のペースはこんなものです。2月厳冬期の奥日光と言えばココです。雲竜渓谷の氷瀑探検に行ってきました。

Dsc_3468
女峰山から赤薙山の尾根が左から右に続いています。雲竜渓谷は中心左寄りの山襞が入り組むあたりにあります。すごく遠くてたどり着けるんだろうかと不安でした。
Dsc_3545
アップダウンを繰り返し、凍った沢を何度も渡りながら、ようやくたどり着きました。
Dsc_3469
まずは友知らずの氷瀑に出迎えを受け、その先のオーバーハングの燕岩の巨大な氷柱群はまさに神殿の形容に値するものでした。
Dsc_3570
この燕岩を眺める位置で仲間と休憩、昼食となりました。つづく。

2018/01/27

冬の小田代ヶ原

Dsc_3394

Dsc_3397
Dsc_3392
Dsc_3391
Dsc_3398
紅葉の奥日光から2ヶ月、今度は冬の奥日光へスノートレッキングが目的で出かけました。寒さはそれなりでしたが思ったより雪が少なかったです。雪上を歩くのにスノーシューを借りようと思いましたが小田代ヶ原までのトレッキングコースは前に歩いたハイカーの跡が固まって登山靴だけでも容易に歩けました。むしろ秋よりも引っかかる藪やゴロゴロした道もなくスタスタと歩けました。それでも冬は天候が荒れると命とりなので無理は禁物です。赤沼入口~小田代ヶ原~シャクナゲ橋~竜頭の滝コースを昼過ぎまでに全行程を歩き切りました。天候に恵まれたのとツボ足で歩けたため、快適なスノートレッキングでした。病みつきになりそうです。

2017/11/09

半月山から

Dsc_2394


Img_4675


2015/09/29

曼珠沙華を見に巾着田へ

Dsc_2391_2

以前から巾着田のそばに住む叔母から

彼岸花を見においでとの誘いがあったのだが
花時が短い彼岸花に合わせて休みを取ることがかなわず
今年こそはと出かけたのであった。
それでもピークは2~3日前だったそうで
場所によってはすっかり萎れて倒れているものも多かった。
それに加えて雨模様・・・
なのでレンズ交換は諦めて20mmF1.8の1本勝負、
傘を左手で差し、右手でカメラを構えなが撮った。
Dsc_2353a_3

2015/09/15

初秋の富士山麓へ

Dsc_2254_2

ススキの穂が揺れる尾根
山中湖のそばの石割山へ。
台風余波で暑い雲がなかなか掃われず
富士山は最後まで見られなかった。
紅葉はまだまだで森林帯のブナの葉も
緑のままだった。
Dsc_2235

2015/08/01

アクアリウム

Dsc_1853

コレド日本橋

2015/07/22

夏の家

Dsc_1569
横浜・元町

2015/07/08

荒川高原2

Dsc_0576_1

静かに風は流れ
馬たちは草を食む

2015/07/07

山口水車小屋

Dsc_0618

岩手県遠野市土淵
私の世界遺産

2015/07/04

荒川高原1

Dsc_0640_2

2015/06/22

新緑の写し絵

Dsc_0195

龍王峡

2015/05/31

Green glass

Dsc_4502_2

馬事公苑、初夏。

2015/05/27

雨に歌えば

Azisai2

2015/05/13

祭り近し

Dsc_4318_2

2015/05/09

街角で

Dsc_4244

2015/05/03

ヤシオツツジ

Dsc_4153

霧降高原にて撮影、後方は男体山。

2015/04/26

青楓

Dsc_3802_1

2015/04/25

風を読む

Dsc_3873_2

鎌倉市・材木座海岸

2015/04/19

しなやかに歌って

Dsc_3709

» 続きを読む

2015/04/18

夢見る頃を過ぎても

Dsc_3681

昭和記念公園

«小舟桜