« 木屋町通り~携帯から | トップページ | raindrops »

2010/01/31

梅ふくらむ

春雨を
待つとにしあらし
我がやどの
若木の梅も
いまだふふめり

題しらず 読み人しらず
万葉集

1001280071

奈良 新薬師寺にて

« 木屋町通り~携帯から | トップページ | raindrops »

コメント

◇bijouさん◇

今は鄙びていますが天平時代は相当な大寺だったようです。栄枯盛衰も今は時の彼方。静かな優しい時間だけがそこにありました。

静かな気持ちで佇むことができるので、鄙びた雰囲気のお寺って大好きです!

◇bijouさん◇

ほんの少し春の香りを感じました。
母娘二人旅で気楽で楽しかったです。

東大寺と違い新薬師寺は鄙びた感じの小さなお寺で
とても好ましい雰囲気でした。
災厄が続く中で祈りと救済に生きた光明皇后の
みこころに触れたような気がしました。

新薬師寺の梅のつぼみとは。。
なんとも趣があって素敵ですね。
楽しい旅を過ごしていらっしゃいましたか。。?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/47436396

この記事へのトラックバック一覧です: 梅ふくらむ:

« 木屋町通り~携帯から | トップページ | raindrops »