« 優美に佇む新薬師寺 | トップページ | 西陣織元で社会科見学? »

2010/02/03

木屋町・祇園の夜を歩く

1001280146
角倉了以という茶人がいる。この人は江戸初期の土木工事の専門家でもあって、運河・用水路などを手掛けたら当時の第一人者だった。鴨川から水を引き南部伏見まで延々とつづく運河は高瀬川。舟運も盛んでかつては高瀬舟と呼ばれる運搬船が、伏見の蔵元から酒樽や南部の穀倉地帯から米俵などを積んで通った川である。幕末の志士たちの息吹も感じつつ、市内きっての繁華街、夜の木屋町・祇園を歩いてみた。木屋町通りは親しみやすいにぎやかな通り、飲食店はもちろん、面白そうなこんな古道具屋さんまで夜遅くまで開いていて楽しい。

1001280144_2

先斗町は細い小路にお茶屋が立ち並ぶ大人の町。祇園の芸妓・舞子はんにはなかなかお目にかかれないというが、さすがに夜の祇園・先斗町付近は華やかな空気に包まれる。鴨川おどりの先斗町歌舞練場から細い小路に入るとそこは別世界。

1001280148                

                 祇園の冬の月もよろしぉすなぁ

Wildcherry

              きょうび、お茶屋はんは繁盛したはるやろか

1001280153_2

              おひとはん、ここは入ったらあきまへん。

1001280154

                どんつきになっていまんねん・・・・。

1001280159           さ~さ、おはいりやす、冬の京都は冷えまっしゃろ。

1001280162              かんにんな~。お座敷に急いでまんねん。

                 引き留めへんでおくれやす・・・・。

※京ことば、変なところは突っ込んでOK(笑)

« 優美に佇む新薬師寺 | トップページ | 西陣織元で社会科見学? »

コメント

◇bijouさん◇

わ~、やっぱり!
京都でのお写真をアップなさっていたので
最近お出かけになったのかな~?と思っていました。
どこかですれ違ったかもですね(笑)
息子のおかげで京都にご縁ができて
何度か訪れるうちに
私にとっても思い入れの深い町になりました。

わたくしも先日も訪れましたが。。
祇園の雰囲気は朝も夜もそれぞれに、とても好きな私です。

お写真たちから、祇園の魅力がそこはかとなく伝わってきております~~**

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/47465032

この記事へのトラックバック一覧です: 木屋町・祇園の夜を歩く:

« 優美に佇む新薬師寺 | トップページ | 西陣織元で社会科見学? »