« 春の山 | トップページ | たそがれて不忍池 »

2010/03/14

マグノリアの木

1003140005

「セント、マグノリア、枝にいっぱいひかるはなんぞ。」

「天からおりた天の鳩。」

1003140008

「ごらんなさい、そのけわしい山谷にいまいちめんにマグノリアが咲いています。」

「ええ、ありがとう、ですからマグノリアの木は寂静(じゃくじょう)で す。

あの花びらは天の山羊の乳よりしめやかです。

あのかおりは覚者たちの尊い偈を人に送ります。

「それはみんな善です。」

1003140004

○マグノリアの木~宮澤賢治 童話集 風の又三郎より○

ハクモクレン、自転車で通りかかった公園の一角にて。

« 春の山 | トップページ | たそがれて不忍池 »

コメント

◇ふるやのもりさん◇
その映画、私も見たような気がする・・・・退屈だったかも。
トム・クルーズは断然「トップガン」がいいと思います。
超かっくぇ~happy02
花の話から脱線してきた~coldsweats01

「マグノリア」って花の名前だとは知ってしましたが
モクレンなどの総称だったんですね。
咲ききっている花より蕾の花のほうが
初々しくて春を告げる妖精のようですね。
「マグノリア」と言えばむかし「マグノリア」という映画があって
レンタルしたのはいいけど長すぎて途中で寝てしまいました。

◇bijouさん◇
マグノリアはモクレン・コブシなどの仲間の総称だそうですね。
ハクモクレンは遠くから見ると
白い鳥が無数に止まっているように見えます。
賢治さんの幻想的なこの童話も
そんな風景がありあり浮かんでくるお話ですね。

マグノリア。。だぁ~~い好きです!!
木蓮という和名ももちろん、好きです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/47812588

この記事へのトラックバック一覧です: マグノリアの木:

« 春の山 | トップページ | たそがれて不忍池 »