« 神田川の桜並木 | トップページ | 春の山はパステル »

2010/04/21

桜、終章。

1004210057

里桜(主に八重桜など)が満開。再び飛鳥山へ走る。ソメイヨシノが散ってしばらく経つが花期の長い里桜に主役が入れ替わっている。ほとんど桜ボケの私。ソメイヨシノのころとは木の下の空気が違う・・・・あれだけの冷え込みがあった後でも今日の空気はまさしく初夏のそれだった。地面に映る緑陰が濃い。あ~、気持ちいい!

1004210046
1004210049

一葉桜は私の通勤路の途中、一葉記念館付近の千束の通りを中心に植樹されて爽やかな大輪で華やぎが感じられる桜。一葉桜、正式名は一葉、と言う名付けの由来は 花芯に緑色に葉化しためしべが一本出ていることからだそう。東京都内の公園などではよく見かける品種。樋口一葉のペンネームに関係あるのかどうかはわからない。

1004210072
1004210055

ほとんど散って名残りだけになっていたのが関山。里桜の中でももっとも色濃く花弁のボリュームもたっぷり。

1004210077

一度聞いたら忘れられない名を持つのが普賢象。紅色の強さで言えば一葉と関山の中間くらい、控えめな薄紅色に好感を持てる。

わかりづらいかもしれないが画像右が普賢象、左に一葉、奥に関山、三桜揃い踏み。

1004210081

1004210068

鬱金(ウコン)、別名、黄桜とか美人桜(ホッホッホ・・・)とか呼ばれていて、花びらの色が黄緑色に近い薄い黄色、しかし花弁の裏がほんのり紅が差していて何ともいえない味わいを出している。花の形も先端が少し尖っている。八重桜はどこかポヨンとしてボケた感じがするんだけど鬱金は美人桜の名に負けていない(笑)。

1004210064
1004210062

最後は御衣黄、ふるやのもりさんのおばあさんがその昔、「山の中で緑色の桜が咲いているんじゃ」と言ったのに誰も信じてくれなかったという幻の緑色の桜。実は私も初めて目にする桜で、開花をずっと待っていて天気花見日和の今日自転車をとばして駆けつけたのだ。咲き始めは緑が強く段々それが薄くなり花芯が赤くなって最後は椿のように花ごと落下するという。

1004210065


1004210066_2

 あう・・・・うるうる(何だか心で泣いている私)。ふるさとが桜に埋まる季節に生まれた私なのに、飛鳥山の近くに住んでいたころもあったのに、花に目を向ける心の余裕がないままに半世紀も馬齢を重ねてしまった自分への後悔とようやく出会えた(知った)御衣黄という幻の桜に訳のわからない感動で・・・・うるうる、あうあう・・・・。

今年もたくさんの桜と出会えた。来年も変わらずにきっと咲いてくれる。私もまた一年、次の花を咲かせられるよう頑張ろう。

« 神田川の桜並木 | トップページ | 春の山はパステル »

コメント

◇ふるやのもりさん◇
こんばんは~。
ふるやのもりさんが御衣黄の木に気づいてくれて
おばあさんの思いで話を聞かせてくれたので
またまた飛鳥山に出かけてみたのよ~。
はじめて見ましたけどちょっとした感動でした!

今日はまた寒い日でしたね~。
この春ふるやのもりさんと一緒に桜の追っかけして本当に楽しかったです、
今度は何、追っかけしましょうか(笑)

bikkiさ~~ん、御衣更見られましたか!
さすが音に聞こえた飛鳥山!
桜はソメイヨシノだけじゃないですね。
一緒に行った時はソメイヨシノが主役だったけど、あら~、こんなに
たくさんの桜たちが出番を待っていたのですね。
桜の花の下で踊り狂っちゃいそうです(また?)

私もご近所御衣更見られました。
おばあさんの言っていた緑の桜です~~っっ。
ホントに緑なんですね~~。
おばあさん、信じないでごめんなさい、40年もたってからのごめんなさいです。

それにしても桜の品種のあまりの多さにまるで桜の海で溺れたみたいな気分です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/48144701

この記事へのトラックバック一覧です: 桜、終章。:

« 神田川の桜並木 | トップページ | 春の山はパステル »