« 旧中山道 | トップページ | 桜、終章。 »

2010/04/03

神田川の桜並木

1003310035

水の都であったはずのこの町は、高度経済成長期、都市発展の名目のもと小川はことごとく蓋をされ暗渠になり、道路が作られたりした。
奇跡的に蓋をされず、開放河川として都心を流れる神田川は生活排水が流れ込み、ゴミまで捨てられる川で目をそむけたくなるような有様だったという。
私が上京した30年前も都会の川の汚れに落胆し、神田川もただのドブ川というイメージが染みついてしまった。

1003310034

清流に棲むというアユやボラが面影橋付近で確認されるようになるまで神田川の水質が改善されてきている。この日も面影橋付近で大きな緋鯉がゆうゆうと泳いでいた。
川べりに植えられたソメイヨシノもよほどここの土に合ったのか、堂々とした枝ぶりの大木に成長し、桜並木に濃く縁取られている。
都電が学習院下の坂を下り、大きくカーブをして早稲田の町に入ろうとする面影橋付近では、川面を覆うような桜並木に予期せず乗客たちの感嘆の声があがる。
水辺や木々には野鳥が遊ぶ神田川・・・・出かけてみるといい、絶対イメージが反転するはず、良い方に。

1003310038

都心の自然環境がこれほど整ってくると、本来この町が抱えてきた古い歴史や生活風俗が、なおいっそうくっきりと引き立ち、奥深い表情を与えてくれる。
東京はいつの間にこんな綺麗な街になっていたのだろう・・・・
神楽坂・谷中・巣鴨など古くて愛おしくなるような生活風情の香り立つ町並みをいまだ残しながら、隅田川・神田川など都市河川の環境改善がしっかり効果をあげている。
私は住民意識かなと思ったけど、northendさんは公共事業(インフラ)のおかげなんだという。こういう公共事業ってすぐには効果が見えないけれど、長い目で事業を推進してゆく根気が必要なんだと思った。

1003310036

« 旧中山道 | トップページ | 桜、終章。 »

コメント

◇bijouさん◇
川になだれ込むような夥しい桜の枝に圧倒されました。
芭蕉庵付近はまるで谷のような深さで
こんな風景が見られるなんて都心もなかなか捨てたものではないと思いました。

うわぁ。。
美しくて圧巻です!!
ため息が出ちゃいます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/47981165

この記事へのトラックバック一覧です: 神田川の桜並木:

« 旧中山道 | トップページ | 桜、終章。 »