« 金木犀の香るころ | トップページ | 瓢箪のさげもん »

2010/10/15

妖精の宿るハーブ

1010130015

全能の神は、おそらく、これより良いベリーをお作りになることができただろう。しかし神は、あえてそうなさらなかったのだ。バトラー
★ ★ ★
ワイルドストロベリーの伝説は欧米に広く伝わっているらしい。このハーブが身近にあると幸せが舞い込むという。良縁に恵まれるとか、赤ちゃんを授かるとか、乳牛の角にワイルドストロベリーを盛った籠をしばりつけておくと妖精が喜んで乳の出を良くしてくれるとか・・・・。私も幸せになりたい!なんて思ったわけではないけれど、梅雨入り前に裏浅草のお富士さんの植木市で買い求めた。ワイルドストロベリーは思いのほか丈夫である。買った時の小さな鉢から大きな鉢に植え替えたらこのところのしのぎやすさも手伝ってか、花を随時に開かせている。ウエッジウッド社のテーブルウェアのデザインでもこのワイルドストロベリーの柄は根強い人気で、私も結婚当時に友人から頂いたペアのコーヒーカップが好きでよく使う割には割ったりせずに長もちしている。。花やその実を眺めていると可愛くて、ほのぼのしていて、幸せな気分になるんだな・・・・何となくだけど(笑)

1010130022
来週は秋の呈茶。そろそろ着物の半襟つけしなくちゃ・・・・。髪は自分ではどうしようもないほど長くなってしまったので、前日の仕事後に結いあげてもらうことにした。今回の趣向は気楽にお抹茶を、ということで、先生が盆点ての席を演出する。とても楽しい席になりそう。

« 金木犀の香るころ | トップページ | 瓢箪のさげもん »

コメント

◇nageireさん◇
朝ベランダの花たちがどれかでもいくつか花開いたり、
実をつけていたりするととても一日良い気分です。
ワイルドストロベリーはまさに幸せを引き寄せるかのような愛らしさ。
今は緑の葉が元気ですが、紅葉するのですね、楽しみだわ!

お茶会終わりました。茶の湯の一年のラストを飾りました。
いよいよ11月、炉開きです。

◇ふるやのもりさん◇
おはようございます。
同じカップを持ってらっしゃるんですね~
やっぱりお気に入りですよね、可愛いもの(*^-^)
今、ハーブ図鑑に夢中でいろいろ読んでいたら
草花は一部の毒草をのぞいてほとんどがハーブなんだと認識しました。
シソだって、オオバコだって、クローバーだって
私たちが普段目にしているその辺の草花、ほとんど!!
草花の世界は広いです。
散歩の楽しみがふえましたsun

ワイルドストロベリーは花も実もかわいいですよね。
この子、紅葉も綺麗なのですよね。

気軽なお茶席、昔の北野大茶会を参考にすると
面白いです。

bikkiさん、こんばんは~。
家にも、このカップあります。
可愛いですよね、娘のお気に入りです。
ワイルドストロベリーには色々とお話があるのですね。
ただ、直訳して野生のイチゴなのね、としか思いませんでした。
しかも、ハーブなのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/49746690

この記事へのトラックバック一覧です: 妖精の宿るハーブ:

« 金木犀の香るころ | トップページ | 瓢箪のさげもん »