« 信濃追分宿2 | トップページ | 雲場池 »

2010/11/14

信濃追分宿3

1011100032
1011100044

浅間神社境内に残る松尾芭蕉の碑。更科紀行で詠まれた句が大きな自然石に彫られている。芭蕉没後100年後の寛政年間に地元の俳人たちが建てたもので山頭火や子規など後世の多数の俳人たちもここを訪れている。

吹き飛ばす石も浅間の野分かな

この碑の右奥に室町時代の建築物として町内最古の浅間神社拝殿がある。火の山浅間山を鎮めるこの社は大山禰宜命と磐長姫を祭神とし、社殿後方には浅間山を背にして鬱蒼とした森林に守られて静まりかえっている。落ち葉は払われることもなく、うず高く降り積もりやがて雪に覆われる季節となる。

1011100013

高札場跡。私の住む街も宿場町なので高札場跡が残っている。高札場って何?とこの歳になってもわからない歴史オンチの私。調べてみたら、法令布告などのためにこうした形の掲示場所を設けていて、それは板に墨書きで箇条書きにされたものだったという。


1011100035

鐘楼は江戸に向かう方向の追分宿入口に分去れの碑と向かい合う形で建っている。

1011100024

枡形造りと呼ばれる宿場町特有の古い建築技法が見られる茶屋、「つがるや」。

(アキタホイ)追分の

(アキタホイ)枡形の茶屋で

(ヨー ホイ)ほろりと泣いたが

(アキタホイ)忘らりよか

北日本各地に残る追分節は信濃追分から伝わったということである。

1011100045

浅間神社や追分公園と旧中山道の間を流れる御影用水。軽井沢千ケ滝から取水し追分一帯を潤す流れ。浅間山の火山灰地で畑作しかできなかったのが、この堰が出来たことで稲作も出来るようになったとか。辺りの森林の落ち葉を集めて流れている。

« 信濃追分宿2 | トップページ | 雲場池 »

コメント

◇nageireさん◇
秋を探して旅に出ました。
とても素敵な風景にリフレッシュされました!

深まり行く秋、美しいですね~~~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/50022714

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃追分宿3:

« 信濃追分宿2 | トップページ | 雲場池 »