« 深澤紅子野の花美術館 | トップページ | ペイネ美術館 »

2010/11/17

紅葉いろいろ

1011100010
宿場だったころから営業している旅館「油屋」。数々の小説・随筆に登場する追分の名旅館。

1011100031
分去れの碑付近、追分公園にて。この写真のどこかに英国の人気推理小説の主人公の像が・・・・誰?

1011110119
1011110133
水の上にも織る錦~♪ 雲場池にて。

1011110105
1011110185_2

1011110172

1011110173
1011110151
紅葉はモミジばかりではない。クヌギやカラマツのシックな色にも目を奪われる。

オリンピックのスケート競技が開催された南軽井沢の塩沢湖畔は新しい観光スポットになっていて、軽井沢の著名な歴史建造物が湖畔に移築されている。朝吹邸やアントニー・レイモンドの「夏の家」、野上弥生子邸、淨月庵(有島武郎別荘)、堀辰雄別荘(のちに深澤紅子夫妻が譲り受ける)など。清涼な自然と文学風景が一体となって、これからも私たちは惹きつけられるだろう。

« 深澤紅子野の花美術館 | トップページ | ペイネ美術館 »

コメント

◇ふるやのもりさん◇
やぁ、ふるやのもりくん、よく見つけてくれたね。
馬頭観音やら庚申塔やら二十三夜塔の古~い石塔に混ざって
なんでその中に?と思うのも当たり前だ。
私の生みの親、コナン・ドイルの小説を翻訳した人がこのあたりの出身だったとか
ここの近くの別荘にこもって執筆したとか・・・・
結構そのあたりは謎めいている。
どうか解明してくれたまえ。

あ、それから、大人だからと言っても
私だって落ち葉の絨毯にもぐりこみたい。
我慢はよくないよ、誰も見ていないのを確認してゴロゴロしてみたまえ!

あっっ!
もしかしてコナン君ですね?
じゃなくて、ホームズさんですね?
あのポーズからするとパイプを手にしているんでしょうか。
それにしても何故ホームズさんがそこにいらっしゃるのでしょう。

いやいや、それよりも何と美しい紅葉でしょうね!
落ち葉の上をワンコかニャン子になって駆け回ってころげ回りたい
寝転んで空を見上げたらこんな青い空に綺麗な紅葉
きっとステキでしょうね。(大人だから、しないけど)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/50053259

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉いろいろ:

« 深澤紅子野の花美術館 | トップページ | ペイネ美術館 »