« 木洩れ陽 | トップページ | 金鶏山の山中で »

2011/06/08

初夏の茶花

京鹿の子と蛍袋・・・・ピンボケ(笑)

Dscf7478

お稽古場は下町の路地裏にあって

夕方ともなると辺りから下駄の音、子どもたちのざわめき・・・・

映画「しゃべれどもしゃべれども」に出てきてた主人公のおばあちゃん(八千草薫)が

こんな路地裏の日本家屋でお茶を教えていたのを思い出した初夏の夕暮れ時だった。

« 木洩れ陽 | トップページ | 金鶏山の山中で »

コメント

◇nageireさん◇
季節感を大切にする茶席ならではですね!
気持ちにめりはりをつけてくれます。

まさに夏のお席ですね。
素敵です!!!

◇よしさん◇
夏の趣向のお茶ですね。
楽しみです。
軸飾り、今年はまだやってません~。
忘れてゆくことが多くなって
やはりこうして稽古日記をつけるのは意味がありますね。
映画では八千草さんの江戸っ子のおばあちゃんぶり、新鮮でした。
「サトラレ」など孫を慈しむおばあちゃん役が良かったので
あんなおばあちゃんになりたいと思いながら見ました(笑)

こんにちは  こちらは「清流無間断」です。軸飾りのお稽古もいたしました。

しゃべれ・・・読みました。きりっとしたおばあちゃま師匠のイメージで、八千草さんの雰囲気と
少し違いましたが。

これから、夏にむけ  涼やかなお点前をめざさなければ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/51887849

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の茶花:

« 木洩れ陽 | トップページ | 金鶏山の山中で »