« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013/10/30

枯鬼灯

Dscf0014_2

向島百花園 F70EXR
今までほとんどAUTOでしか撮影しなかったPEN。
今日は気合いを入れてマニュアルで花を撮ろうと出かけた向島でしたが・・・・
まるでダメでした(^^ゞ
一眼の奥深さ、まだまだですね。
苦戦するうちにPENのバッテリー切れ、残量も確認せず無謀でした(笑)
ちゃんと充電しておけよ、という話です。
ここで古株(笑)のF70EXRに頑張ってもらいました。
マニュアルでホワイトバランス調整して撮れた今日のお気に入りです。
コンデジですが落ち着いた色合いのいい絵が撮れるのが好きで
PENが来ても元気なうちはまだまだ現役です。

2013/10/24

Cafe meursault

1310240083

1310240072
ちょっとしたお祝い事、
ベリーたっぷりのケーキで♪
お料理もおいしかったしワインも・・・
お祝いしてもらうっていいなぁ・・・私も、と思うんだけど
最近、自分のお祝い事ってないなぁ。
1310240070
食後のカプチーノについてきたシュガーポットの形と細工がとても気に入ってしまった♪

2013/10/08

油屋

Pa060437

信濃追分は数年前に訪れた場所でした。お洒落な賑わいを見せる旧軽井沢に比べれば、寂れた宿場町の趣で堀辰雄邸や分去れの碑も古い商家や脇本陣などの旅館もその後の行く末に不安を感じたほどでした。それがこの夏のジブリの映画「風立ちぬ」でメディアに取り上げられることも多くなり、状況が変わってきたようです。


Pa060425

文人たちが集まった土地柄らしく堀辰雄や立原道造が常宿にしていた油屋はブックカフェやギャラリーとして開放され本好きにはたまらない蔵書になっています。


Pa060427

翳りゆく窓辺に爪弾く人もないギターが置き去りになっていました。どこか懐かしい部屋の雰囲気についつい長居をしそうなそんなブックカフェです。忙しく観光地を回る旅人には不向きなところかもしれません。


2013/10/07

浅間山

Photo

ささやかな地異はそのかたみに

灰を降らしたこの村にひとしきり

灰はかなしい追憶のやうに音立てて

樹木の梢に家々の屋根に降りしきつた

その夜月はあかかつたが

私はひとと窓にもたれて語りあつた

(その窓からは山の姿が見えた)

部屋の隅々に峡谷のやうに 

光とよくひびく笑ひ声が溢れてゐた

詩・立原道造

2013/10/02

夜景・浅草

Ekimise

ふと夜景を撮りたくなり隅田川べりへ。

東京駅の復元改装に隠れて目立たなかったけど
浅草駅も昭和初期のハイカラな姿に戻された。
Sumidayakei
無数の灯りが散らばる街を上から眺める夜景はゴージャス(笑)だけど
川面に映る灯火が幾重にも揺らぐ眺めもおもしろい。
Umayabashi
光に包まれる3連アーチの厩橋。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »