« 浅間山 | トップページ | Cafe meursault »

2013/10/08

油屋

Pa060437

信濃追分は数年前に訪れた場所でした。お洒落な賑わいを見せる旧軽井沢に比べれば、寂れた宿場町の趣で堀辰雄邸や分去れの碑も古い商家や脇本陣などの旅館もその後の行く末に不安を感じたほどでした。それがこの夏のジブリの映画「風立ちぬ」でメディアに取り上げられることも多くなり、状況が変わってきたようです。


Pa060425

文人たちが集まった土地柄らしく堀辰雄や立原道造が常宿にしていた油屋はブックカフェやギャラリーとして開放され本好きにはたまらない蔵書になっています。


Pa060427

翳りゆく窓辺に爪弾く人もないギターが置き去りになっていました。どこか懐かしい部屋の雰囲気についつい長居をしそうなそんなブックカフェです。忙しく観光地を回る旅人には不向きなところかもしれません。


« 浅間山 | トップページ | Cafe meursault »

コメント

♪佐平次さん
観光整備の名のもと、風情が失われるのだけはカンベンですね。

ヘンに開発されないでほしいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/58346300

この記事へのトラックバック一覧です: 油屋:

« 浅間山 | トップページ | Cafe meursault »