« Cafe meursault | トップページ | プラタナスの小径 »

2013/10/30

枯鬼灯

Dscf0014_2

向島百花園 F70EXR
今までほとんどAUTOでしか撮影しなかったPEN。
今日は気合いを入れてマニュアルで花を撮ろうと出かけた向島でしたが・・・・
まるでダメでした(^^ゞ
一眼の奥深さ、まだまだですね。
苦戦するうちにPENのバッテリー切れ、残量も確認せず無謀でした(笑)
ちゃんと充電しておけよ、という話です。
ここで古株(笑)のF70EXRに頑張ってもらいました。
マニュアルでホワイトバランス調整して撮れた今日のお気に入りです。
コンデジですが落ち着いた色合いのいい絵が撮れるのが好きで
PENが来ても元気なうちはまだまだ現役です。

« Cafe meursault | トップページ | プラタナスの小径 »

コメント

♪佐平次さん
ありがとうございます。
何かを感じとって下さってのことですから
それはうれしいことです。

この記事を拙ブログにリンクさせていただきました。
事後のお願いで恐縮ですが宜しくご了解のほどを。

♪佐平次さん
ほおずきの味、覚えています。
遊びながら口にしてました。
今は食用ほおずきが岩手県岩泉町の特産品になっています。

鬼灯の字がぴったりです。
明けて食べれば酸漿。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87076/58481431

この記事へのトラックバック一覧です: 枯鬼灯:

» 秋の思い出が心に沁みる マイクル・コナリー「わが心臓の痛み」(上下) [梟通信~ホンの戯言]
毎朝、人のブログ散策。 いろんな写真や文章から誘われる物思いが楽しい。 ときにちょっと切ない感傷も。 鬼灯、袋が枯れて網目になってなかに赤い実が透けてみえる写真、ほんとに鬼の提灯だ。 その実を食べると酸漿、知らなきゃ同じホオズキとは思えないね。 赤蜻蛉と学生時代の野球練習グランドの思い出。 俺は夕焼け空に群れ飛ぶ赤蜻蛉と秋刀魚の匂いだ。 夕べはパリから里帰りのRちゃんを囲んで昔の仲間の集い。 まいとしRちゃんの来日をきっかけにして集まる。 かならずNちゃんが自分から幹事を引... [続きを読む]

« Cafe meursault | トップページ | プラタナスの小径 »